自然とのあそびがいっぱい!三方五湖の湖畔にある地ビールと梅風呂の宿 湖上館PAMCO(パムコ)

湖上館PAMCO(パムコ)について

若狭の地でしか生まれ得ない味わい 湖上館PAMCO(パムコ)オリジナル地ビール PAMCOビール

宿名『湖上館パムコ』に、地ビール誕生のカギあり

地ビールプラント若狭の名物と言えば、梅。この地元の特産品を使って、何か湖上館パムコならではのウリをつくりたいと思ったのは、ちょうど宿泊施設の経営が父親から自分へと代替わりする頃でした。いろいろと考え、当館のコンセプトである『Passionate Movement for Communication』に立ち返った時、ひらめいたのです!

「人と人の心をつなぐのは、お酒だ!」と。

梅を使った地ビールはつくれないか?「梅ビール」が飲める宿なんて、日本どこ探してもきっと湖上館パムコしかないはずだ!地ビールブームが下火になりつつあることもおかまいなしに、自分の直感のまま、挑戦してみることにしたのです。

若狭でしかできない地ビールを作りたかったのです

三方の地ビール イメージ若狭には、梅ビールづくりに欠かせない最高の材料が揃っていました。名産・西田梅はもちろん、名水の里で知られる若狭の清水と、生産量日本一を誇るビールの材料・大麦。もう、地ビールをつくる運命だったのかも?なんて盛り上がってしまったわけで…。

醸造の技術は1年かけて身につけました。職人が造り上げた国内製の地ビールプラントも揃いました。こうして若狭の土地でしか生まれ得ない湖上館パムコ自慢の「梅ビール」が誕生したのです!

仕込みをするなかで思うことがあります。それは、作り手の気分次第で、味が大きく変わるということ。「美味いビールを作るぞ!」と気合いを入れて仕込むビールは、何だか酵母の動きもイキイキ。キリッと切れ味のいい地ビールに仕上がります。逆に「とりあえず仕込んどくか」なんて気持ちだと、味がぼやけてスッキリしない。気が抜けないんです。

最高の地ビールに仕上がる源は、やはり美味しいと言ってくださるお客様の笑顔。湖上館パムコ仕込みの魂の入った地ビール。未体験の方は、ぜひ一度味わってください。

手作りゆえの喜びとお願い

おかげさまで、ビール好きの方はもちろんビールが少し苦手だなぁというお客様にも「はじめての味だね」とか「飲みやすいね」などとお声がけをいただきます。心を込めて仕込みをして良かったなぁと思う瞬間です。

一方で、常に3種類すべてをご提供できるように努めておりますが、稀に生産が間に合わず3種類のうちのいずれかが品切れになってしまうことがございます。楽しみにしてくださっているお客様には大変申し訳ございませんが、すべて手作りゆえ、ご容赦いただけますとありがたいです。

※クチコミ情報にも地ビールについて触れられていますのでチェックしてみてください。
じゃらんネットのクチコミを見る
楽天トラベルのお客様の声を見る

PAMCOビール鯖のへしこ母さんの梅干し